お化粧する機会が多い女性は何かと自分のお肌に気を使っていると思います。

 

けど、きちんとお肌のお手入れをしているにもかかわらず30歳を過ぎたころから乾燥肌やシワやシミが目立ってきた…。そんな悩みを持つ女性は多いようですね。

 

「オイルクレンジングのあとにしっかり洗顔!」しているw洗顔派のある女性のことですが、年々肌の乾燥がひどくなって洗顔後は粉が吹いたようなお肌になってきたというお話を聞いたことがあります。

 

お分かりとは思いますが、このひどい乾燥肌の原因は洗いすぎによるものでした。

 

「石油系界面活性剤が入ったオイルクレンジングを使ったあとに洗顔する?」いまどきのスキンケアではそれは信じられないことですが、その女性はきれい好きで朝も洗顔していたそうです。

 

きれい好きがわざわいして自分でお肌をボロボロにしていたんですね。

 

けど、洗顔やクレンジングのやりすぎが肌にいけないのは分かっていても、化粧するとどうしてもクレンジングしないといけない。すると肌が荒れて乾燥するから乳液や化粧水で大量に保湿。

 

しかしながら、この繰り返しこそが乾燥肌のスパイラルなんですね。この乾燥肌スパイラルをどうにかしないことには永遠に乾燥肌から逃れられないのでしょうか?

あなたの疑問にお答えします!

質問:オイルクレンジングはあまり肌によくないと聞きますが、本当でしょうか?

 

回答:メイク落ちがいいオイルクレンジングですが、お肌へのダメージが大きいので敏感肌や乾燥肌の方にはおススメできません。ミルククレンジングだとメイクが落ち切らないのですが…。オイルクレンジングに比べると界面活性剤の配合が少ないので汚れ落ちは悪くなります。そして、この残った汚れが毛穴につまると黒ずみやニキビの原因に。

 

質問:私はダブル洗顔派。メイク残りが気になるからクレンジングの後に洗顔しています。
回答:洗顔のやり過ぎはいけません。お肌に必要な皮脂まで取ってしまうので自分で乾燥肌を作っているようなものです。

 

質問:ダブル洗顔不要のクレンジングを探しています。おススメのクレンジングはないでしょうか?
回答:あります。石油系界面活性剤を一切使っていないのでお肌に優しくて、けど汚れはしっかりと取ってくれる。しかも美肌成分はお肌に残したまま。それが…ドュオ ザ クレンジング バームです。

とろけるクレンジングが汚れを吸着!しかも美肌成分が…

1年中肌の乾燥に悩んでいたその女性ですが、あるクレンジングをすすめられて使ってみたそうです。

 

初めて使ってみてまず感じたのが洗い上がりの違い。

 

もちろん最初から乾燥がなくなることはなかったけど、結構いい感じの仕上がりでしかもダブル洗顔しなくてもファンでの落ちもばっちり。

 

これならしばらく試してみようかということで使い続けた結果、洗顔後の肌がモチモチしてきたのが実感できるほどにお肌の状態がよくなってきたとか。

 

少し神経質なくらいきれい好きな性格なので、洗顔後に残ったファンデなんかがすごく気になっていた彼女でしたが、ダブル洗顔しなくてもしっかりファンデやマスカラが落ちてくれるのですごく気に入っているとか。

 

この効果がクレンジングバームのすごいところ。汚れだけをやさしく落として美肌成分が年齢肌もしっかりケアしてくれるから使っていくほどにその効果が実感できるのです。

 

クレンジングバームについて担当者に直接お伺いしたところ、こんな返事をいただきました。

 

質問1
クレンジングバームと他の製品との違いというか、特化しているところがあれば教えてください。

 

回答1
洗浄成分の強さ、量ではなく、技術で「落とす」ことにより、美肌成分だけが肌に残り、汚れはしっかりと取れることが挙げられます。そのため、デリケートなお目元にもご使用いただけ、しっかりメイクも落ちるという訳です。

 

また、ピーリング剤(乳酸、フルーツ酸、パパイン酵素)など皮膚を溶かすような成分の添加なしに、老化角質が除去できることにもかなりこだわり、それも大きな特異点かと自負しております。

 

最後に、この「固形マトリクス構造」が作るバームは、非常に「お肌との摩擦が少ない」剤形をしております。実は「お肌のこすりすぎ」がお肌を傷める大きな要因にもなっており、クレンジングとしても、マッサージケアとしても、お肌に負担なく、心地よく、お使い頂ける商品です。

 

質問2
「基本的にメイクはバームでで落とすのでしょうか?それとも従来の製品と同じように、界面活性剤の作用で落とすものなのでしょうか?」

 

回答2
ご存じの通り、界面活性剤というのは、洗浄効果と、油と水を合わせる役目、と二つの目的があります。
D.U.O.のクレンジングの場合、サイトの開発秘話で申し上げている通り、何とか、「お肌への優しさ」と「汚れ落ち」の両立が本当に叶う、納得できるクレンジングを作りたいというところから、「固形ナノマトリクス構造」という技術にたどりつきました。

 

この技術は、一つ一つの核(微細なカプセルのようなもの)がぴったりと並んだ状態が固形バームの状態で、核の中に、洗浄成分・界面活性剤・美肌成分などが抱え込まれています。圧力を加えることで(これがとろけている状態です)、洗浄成分などが放出し、界面活性剤の作用で、汚れだけを吸着してまた核の中にしまいこまれます。

 

実はこの核自体がソフトスクラブとして働くので、ピーリング剤やスクラブ剤を使用せずとも老化角質がとれる効果があります。また、汚れも優しく除去できるよう、核自体が変形自在になって活躍します。つまりバームの構造自体が汚れを除去する効果もある、ということです。

 

D.U.O.クレンジングは、洗浄成分と技術(バームの構造)の両方で汚れを取る、従来製品から一歩先に出たクレンジングとお考えいただれば幸いです。

 

先ほどの女性は、このクレンジングを使って初めて「オイルクレンジングと洗いすぎが乾燥肌の原因」ということに気づいたと言います。

技術で汚れを落とすDuo(ドゥオ)ザ クレンジングバームの固形ナノマトリクス構造

その理由はデュオの「固形ナノマトリクス構造」にあります。ご存じの通り、界面活性剤というのは、洗浄効果と、油と水を合わせる役目、と二つの目的があります。D.U.O.のクレンジングの場合、「お肌への優しさ」と「汚れ落ち」の両立を叶えるために「固形ナノマトリクス構造」という技術にたどりついたそうです。

 

これは、洗浄成分・界面活性剤・美肌成分などが抱え込まれた一つ一つの核(微細なカプセルのようなもの)がぴったりと並んでいるもので、写真のような固形バームの状態です。これに圧力を加えることで(とろけている写真の状態)洗浄成分などが放出され、界面活性剤の作用で汚れだけを吸着して核の中にしまいこみます。

 

そして、この核自体がソフトスクラブとして働いているので、従来の製品の様なピーリング剤やスクラブ剤を使用しなくても老化角質がとれる効果があります。

 

このスクラブですが、汚れも優しく除去できるように形が変形自在になって活躍します。なので、毛穴の奥の汚れや古くなった角質までもすっきりからめとって毛穴のポツポツや汚れもスッキリ!お肌を傷めることなくぷるぷるに洗い上げてくれます。

 

バームの構造自体が汚れを除去する効果もあるD.U.O.クレンジングは、洗浄成分と技術(バームの構造)の両方で汚れを取る、従来製品から一歩先に出たクレンジングなのです。