ファンデーション 成分

紫紺乃米のこだわり

紫紺乃米フィット&カバーBBクリームが敏感肌の方にもご使用いただける理由として、タール系色素、鉱物油、香料、パラベンが配合されていないことが挙げられます。

 

これらの成分は、一般的に販売されている化粧品にとてもよく使用されているものですが、何故紫紺乃米フィット&カバーBBクリームに「配合すべきではない」と判断されたのでしょうか。

 

まず、タール系色素。これはコールタールという石油からできている物質を原料としたものです。

 

タール系の色素を使うとさまざまな色合いが表現できるので、ファンデーションや口紅、チークなど、色合いを重視する化粧品に多く使用されています。しかし、人間の肌は石油を原料とするものを吸収したり、消化したりすることができません。

 

色素として沈着したり、蓄積して肌に刺激を与えるものとなってしまいます。

 

紫紺乃米フィット&カバーBBクリームが「一色のみ」にこだわる理由もここにあるのです。

 

鉱物油も同じことです。「ミネラルオイル」とも呼ばれ、その名称からはよいイメージのものに捉えられることがありますが、鉱物を原料としており、肌にとって自然なものではないのです。

 

クレンジングしても肌に残りやすく、日光が当たることによって「油焼け」の原因となる危険性もあるのです。