食物繊維を摂取してLDLコレステロールを下げる食生活

ldlコレステロールを下げるためには、日々の食事に気をつけることです。そこでおススメな方法があります。それは、日々の食事の中で、極力野菜をとるように意識をするということです。野菜がなぜいいかというと、食物繊維を多く含んでいるところにあります。
食物繊維というのは基本的に、体内に吸収されることはありません。そのまま腸を通って、排出されることになります。こうしてみると、何の意味もないと思われる人もいるかもしれません。しかしこの排出される過程の中で食物繊維は、脂質にくっついて、脂質も一緒に排出するという働きがあるのです。つまり、血液中に中性脂肪やコレステロールが過剰に含まれることを予防する働きがあるわけです。
ちなみに食物繊維の中には、水溶性と不溶性という2種類があります。コレステロールを下げる食事のためには、水溶性の食物繊維をとることのほうが効果的ということも分かってきています。水溶性の場合、水分を吸収して、胃の中で膨らみます。すると、胃の中にいる時間が長くなり、それだけ脂質にくっつくことができるので、コレステロールをより大きく下げる効果を期待することができるというわけなのです。