LDL(悪玉)コレステロールとは

健康診断などをやって、コレステロールの値が高いと、少し生活習慣を注意したほうがいいということは、よく言われているから知っている人も多いでしょう。しかしこれは、部分的にはあっていますが、細かく見ると間違っているところがあるのです。コレステロールには大きく分けて、2種類のものがあるといわれています。
よく「善玉コレステロール」とか「悪玉コレステロール」といった言葉を聞くでしょう。見た目の印象の通り、悪玉コレステロールは、増えると、身体にろくなことを起こしません。ちなみに前者をhdlコレステロール、後者をldlコレステロールと呼びます。hdlコレステロールは、身体の隅々に張り巡らされているコレステロールを抜き取り、肝臓にもっていく役割を果たしています。ところがldlコレステロールは、全く逆の働きをしていて、肝臓にたまっているコレステロールを全身の細胞に運んでいきます。
もしコレステロールの値が大きすぎると、血管のところにコレステロールが蓄積されます。すると、血管の中でつまりが起きやすくなります。場合によっては、血液の流れが完全に遮断をしてしまう個所も出てくる可能性があります。すると重大な病気を発症する可能性もあるわけです。