LDLコレステロールはなぜ体に悪いの?

最近、健康を特集した番組を見てみると、ldl - コレステロールが身体に取ってよろしくないという話がよく出てきます。ところで、このldl - コレステロール、いったい何なのでしょうか?ldl - コレステロールのldlとは、「low-density lipoprotein cholesterol」の略称のことを言います。これだけ見てもピンとこないかもしれません。日本語に訳すと「低比重リポタンパク質」となります。あまりよくわからないところは変わっていないかもしれませんが。
ldl-コレステロールというのは、この上のldlというものとコレステロールがくっついたものと理解をしていただければいいでしょう。ldlには、肝臓でコレステロールが作られます。すると、このコレステロールを、末梢まで運ぶ作用があります。
ところが、肝臓で生成されるコレステロールが多くなってしまうと、供給される量も大きくなってしまいます。すると、血管のところに、コレステロールがこびりつく可能性が出てきます。すると、血液の通る道がおのずと狭くなってしまいます。ということは、血管の中でつまりが起きやすくなってしまうのです。結果的には動脈硬化の原因となる可能性が出てきます。