セルライトは、脂肪が固まることで肌がでこぼこになる現象のことです。オレンジの皮のように見えるので、オレンジピールスキンとも言われますが、セルライトの正体そのものは脂肪と老廃物によるものというのが一般的な見解です。

 

ただ、脂肪組織に老廃物や水分がたまってセルライトになるという説やリンパ液が固まったもの等々いろいろと見解も違うようですが、エステなどでは外見からセルライトかどうかというのは判断できるようです。

 

セルライトができるのは、男性よりも女性の方が多いようで、女性ホルモンのエストロゲンが作用してセルライトが作られているようです。そして、若い女性よりも、年齢を重ねた女性にセルライトは多くなるようです。

 

このセルライトですが、一度できると自然に消えていくということはないようです。さらにはどんどん痩せにくい体になっていくというのですからちょっと厄介ですし、健康を損なうこともあるので心配でもあります。

 

セルライトというのは、痩せている人にはないかといえばそうではありません。太っている方だけではなく、成人女性であれば誰もが付いてしまう可能性があるのがセルライトの特徴で、セルライトと肥満は直接の関係はないと言われています。

 

セルライトが付く前に、毎日の食生活を見直していくことができればそれにこしたことはありませんが、すでにセルライトが付いてしまったのであれば、今後の食生活の見直しと、エステを始めご自分にあったセルライト対策で身体の内側からのきれいを目指していきましょう。

更新履歴