加齢臭を語る上でノネナール抜きでは語れません。ノネナールというのは加齢臭の原因になっている物質のことをいいます。

 

加齢臭はつまり、体内から放出されるノネナールという成分が分泌されているために加齢臭になっていると言われています。

 

このノネナールですが、年々年を重ねるごとに、そして30代後半〜40代ごろから分泌が活発になり、そのためこの年齢になると加齢臭が出てくるようです。

 

体臭や加齢臭はこんなメカニズムで起きているんですね。

 

そのため、加齢臭を抑えるためにはノネナールを抑える必要があり、消臭効果があるTシャツなども販売されているのでそちらを着ることで予防することが可能です。

 

また、酸化することでノネナールの臭いがきつくなりますから、酸化を防ぐために抗酸化作用を働かせるようなことをすれば加齢臭を抑えることが可能です。

 

加齢臭を抑えたいと思っている人は、根本的な物質であるノネナールの分泌を予防する、抑えるという「消臭効果の働き」をもつ製品を摂取すると効果的です。