加齢臭の原因記事一覧

加齢臭の原因は脂肪酸の分泌といわれているのはご存知ですか?加齢臭はノネナールという物質が分泌されることによって臭いが出てくるのですが、このノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が合体したことによってできる成分です。このノネナールですが、40歳を過ぎると「酸化抑制能力」が下がってしまうことから脂肪酸と過酸化脂質が活発に分泌されるようになります。そのために中年を過ぎたころから加齢臭が出始めてくると言われてい...

加齢臭を語る上でノネナール抜きでは語れません。ノネナールというのは加齢臭の原因になっている物質のことをいいます。加齢臭はつまり、体内から放出されるノネナールという成分が分泌されているために加齢臭になっていると言われています。このノネナールですが、年々年を重ねるごとに、そして30代後半~40代ごろから分泌が活発になり、そのためこの年齢になると加齢臭が出てくるようです。体臭や加齢臭はこんなメカニズムで...