AGA(男性型脱毛症)の治療や効果について

AGA(男性型脱毛症)の治療や効果について

AGAの疑問や対策・改善法、治療法について。「プロペシア」「ミノキシジル」の治療薬効果や副作用、薬代・治療費の目安を解説しています。

bodycare-info1.com > AGA(男性型脱毛症)の治療や効果について

AGAについて

最近、テレビのコマーシャルなどを見てみると「エージーエー」という言葉を聞く機会も多いかと思われます。agaと表記されることもあります。agaというのは「Androgenetic Alopecia」という言葉の略称のことを言います。和約をすると、「男性ホルモン性脱毛症」ということになります。しかしagaを表現するときに、日本語では通常「男性型脱毛症」と呼びます。
エージーエーというのは、男性ホルモンが活発に分泌されている人の間で起こりやすい脱毛症のことを言います。代表的な症状としては、額のところの髪の毛の生え際がどんどん後退をしてしまって、オデコが広くなってしまう症状があります。またもう一つ、頭頂部の髪の毛がどんどん抜けていってしまうというのも、代表的な症状ということができるでしょう。
アメリカには「脱毛会議」という組織があります。脱毛会議の調べたデータによると、現在脱毛症上で悩まされているのうち、実に95%の人はagaによるものであるという風に主張をしています。しかも50歳以上になると、その50%以上が、30歳以下でも30%の人が、agaに悩まされているといわれています。

AGA治療の効果

今では、男性型脱毛症とも言われますが、agaというのも立派な病気の一種という風に認知されるようになってきています。現在では、agaの治療を実施している医療機関もあります。年齢相応で薄毛になっていて、別にかまわないという人もいるでしょう。しかし一方で、若い人で薄毛になってしまうと、深刻な悩みになってしまう可能性もあります。もし悩んでいるのであれば、agaの治療をすることをお勧めします。
一般的にagaの治療として、治療薬を処方して、それで抜け毛を食い止めるという方法がつかわれています。一般的にagaの治療薬として、ミノキシジルとプロペシアという薬剤が使われるのが一般的です。
プロペシアというのは、抜け毛がおきるのを食い止める働きがあります。そうして、薄毛の状態がそれ以上、進行をしないようにします。またミノキシジルは、毛母細胞という髪の毛を生やす細胞を活性化する効果があるとされています。いずれも、すべての人に効果があるというわけではありませんが、治療の効果は十分に期待をすることができると考えられています。
また抜け毛は、生活習慣も関係しているので、生活習慣の改善指導も行われます。トータル的に、抜け毛対策をするわけです。

AGAは病院でも治療することができます

agaは現在では、医療機関に行って、治療を受けることができます。しかしまだagaという形で、日本で認知されるようになってから、まだ時間が経過していません。ですから、どの医療機関でも、agaの治療を実施しているかというと、そうでもありません。
agaの治療を受ける場合に、病院のどの科を利用すればいいのかということでも迷ってしまうかもしれません。一般的にはagaの治療は、皮膚科で受け付けていることが多いとされています。しかし中には、形成外科であったり、ないかであったりといったところで、治療を実施しているケースもあります。また病院の皮膚科があったとしても、特定の病院で見ていくと、aga治療は行っていない皮膚科もあります。
ですからもしagaの治療を病院で行いたいというのであれば、事前に病院に連絡を入れておきましょう。そのうえで、agaの治療を行っているかどうか、確認をしておくべきです。
agaの治療の難しいところは、どこまで行けば完治したかということが、患者ごとで違っている点です。ですから、病院を選ぶときには、問診など、患者との対話を重視している病院で治療を受けた方がいいでしょう。でないと、意志の齟齬が起きやすくなります。

AGAの治療にかかる費用

agaは、男性型脱毛症ということで、世間一般で広く認知されるようになってきています。現在では、agaの治療を実施しているところもあります。ところで、agaの治療をする場合に、どれくらいの費用がかかると思ったほうがいいでしょうか?agaの費用についてですが、一般的な治療を受けるのか、専門外来で治療を受けるのかによって、変わってきます。
一般の治療では、プロペシアやミノキシジルなどを使って治療をします。プロペシアは、1錠250円、30日分ということになると、月々7500円かかります。ミノキシジルは、月で6000~7000円程度かかります。そのほかの費用も加味すると、平均で月17000~25000円程度かかるといわれています。
もしagaの専門外来で治療を受ける場合には、平均すると3万円程度、月々かかるといわれています。少しでも安くということになると、一般の治療を選択した方がいいということになります。
しかし専門外来の場合には、より総合的な治療を実施してくれます。問診や触診、経過診断といったことも細かに受けることができます。品質という部分においては、やはり専門外来を利用した方が安心ということになります。

治療料金

agaの治療を受ける場合、料金はどれくらいかかるのかということについては、やはり不安になっている人もいるでしょう。あらかじめ断っておきますが、agaは保険の対象外です。ですから、全額自己負担ということになります。
また自由診療の場合、病院で自由に料金設定をすることができます。ですから、病院で同じ料金で治療を実施しているわけではありません。まず統一しているのは、プロペシアという、agaの治療薬の費用ですが、1錠250円と決まっているので、月々7500円の負担をしないといけません。そこに、いろいろな検査費用や診察料が発生をします。ですから、プロペシアだけを使って治療をしている場合には、かかる料金は月々1万円から15000円といったところが相場になると思ってください。
こうしてみると、かなりの出費を覚悟しないといけないと思うでしょう。すると少しでも安いところを、という風に考える人もいるかもしれません。しかし安いところの場合、agaについて、医者自体がよく理解をしていないというケースも出てきます。「ただ薬を渡しておけばいい」といういい加減な考え方の医者もいるかもしれません。安ければいいという発想は、捨てた方が、最終的には身のためといえます。